人気ブログランキング |

ともだちは海のにおい☆

9月24日のKirscheのコンサート(^^♪
今回は「一輪の花」と題して、花・はっぱの世界・風とその涙・ねむりの4部構成でプログラムを作りました☆
それぞれのテーマで詩や絵本を選んだんですけど、私がたくさんの詩人の作品が集まったポケット詩集を読んでココロに残ったのは「あいたくて」という詩を書かれた工藤直子さん。
それから工藤さんのことが気になって今度は工藤さんだけの詩集を読んでみた。
そうしたら!!!
今度は自然と笑顔になってしまうとびきりの詩を発見☆彡

・・・それは・・・???

e0126594_834445.jpg

くじらといるかのお話なんです。
くじらといるかの出会いの場面・・・

「さびしいくらいしずかだと、コドクがすきなぼくでもだれかとビールを飲みたくなる」

なんてそれぞれがつぶやいている時に運命の出会い☆彡
ちなみにくじらがビール、いるかはお茶好きなんです。

運動が大好きないるか、本が大好きなくじら・・・それぞれの好きなものを尊重して2人でのんびりと毎日を暮らす。
人魚にファンレターを書くシーンも最高です♪

そして!私が大好きな詩は「恋するくじら」。
恋をしたくじらがいるかに好きな人をお嫁さんにしようかと打ち明けます。

「ぼく、そのひとを、お嫁さんにしようかしらと思う」

「それはいいね、くじら」

「そうしたら、ぼくはそのひとに、いつでもすきなときに、きれいだね、といってあげられる」

「ぼくも、そのひとに、あなたはぼくの親友のお嫁さんですね、といってあげられる」

「そのひとは、いつでもすきなときに、ぼくのそばで笑ったり、ひるねしたりするのさ」

「笑ったり、ひるねしたりするのは、とてもいいことだよ」


いつも友達のことを思い、毎日会っていてもときどきしっかりと手紙でいつもありがとうと伝えたり、お誕生日パーティーを計画したり。
本当にすてきな2人(?)なんです。

絵本のコンサート活動はいつも新しい何かに出会えます。
今回のとびきりのものは私にとってはこの詩集☆彡
また宝物がひとつ増えました。

2週間も患ってしまった手足口病から復活(笑)
元気いっぱいで毎日がとっても楽しいです(^^♪

by blumetraeume | 2011-09-13 08:07 | Bilderbuch★絵本